■スポンサーサイト■

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■感情の昂ぶりで気絶できたり病気になれたりする少女■

帽子を編みました。ブリブリで恥ずかしくてかぶれません。
furifuriboushirose.jpg


最近、都会に出たときにサラ・ベルナールの自伝を買いました。
(私の住む地方都市には徒歩範囲には書店はないので、都会に出る時は、手にとって本を選べる貴重な機会でもあるのです。)

サラ・ベルナールは、19世紀末~20世紀初頭のパリで活躍した大女優です。
女優としてばかりでなく、その激しい個性でも有名で、大衆新聞のゴシップ記事を賑わせていました。

これを読むと、私の思い込みに反し、サラ・ベルナールは経済的な意味ではかなりのお嬢様でした。(私は、お針子かなにかの出身だった踊り子Jane Avrilと混同していたようです) 

少女サラ・ベルナールはすぐに癇癪をおこして気絶したり、高熱を出して生死を彷徨ったり、癇癪をおこしたあげくの衝動的な行動で怪我をしたりします。

こう書くと「ただの我が儘お嬢様ではないか?」と思うでしょう。あるいは、もしかしたら演技性人格障害なのかもしれませんが、それにしてもこれはサラ・ベルナールのママンも悪いのです。

一緒にいるときはベタベタに過保護なくせに、そのわりにはサラが泣けど叫べど、すぐにサラ・ベルナールを乳母や寄宿学校に預けて男とどっかに旅行に行ってしまい、一端、旅行にいってしまうと「すぐ帰るわ」という手紙とお金をよこすばかりで、ちっとも帰ってきません。乳母のほうからはサラのママンに連絡がとれないので、乳母は結婚すると夫と住むために、サラをつれて勝手に夫の家に引っ越してしまったほどです。
ママンを少しでも引き留めるには、本当に病気になるか、本当に怪我するしかなかったのです。
ナダール撮影 サラ・ベルナール
でもでも、不謹慎ではありますが、「感情の高ぶりでばったり気絶できたり、病の床についたりできたら、どんなに素敵で文学的であろうか。ダレソレは改悛の涙を流すだろうか?」と、悲劇のヒロイン、薄幸の美少女になってみた自分を想像してみることがよくあります。

私も三十年以上生きてきた人間ですから、倒れたことぐらいは貧血や過呼吸などで何回かあります。
しかし、どういうわけか、服装、同伴者、場所、タイミングなどあらゆる点で倒れたくないし、倒れるつもりもないし、倒れても悲劇のヒロインみたいにかっこよくない時ばかりです。過呼吸で舌が痺れてしまって口もきけず、泡混じりの涎ダラダラ流したり。
当然ながら、女優の素質もなく、小学校のクラスの芝居(全員参加)ですら既に苦労しました。

またも、
「子どもも、サラ・ベルナールのように過保護と放置で育てたら、歴史に名を残す大女優になるのか?」
…などと、くだらぬ発想の飛躍をしました。

しかし山岸凉子の『汐の声』(あー怖かった)を読んだばかりですので、「いやいや。娘がそんな思いをしなくてはならないなら大女優にならなくてもいい。」と思い直しました。

その話を、正気の友人にしたところ、「そうそう。そういう思いをさせて育てたからって別に必ず大女優になるとは限らないしね」と至極もっともなことを言いました。

なるほどそうだ。

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

プロフィール

後ろ向きな人

Author:後ろ向きな人
手芸と育児のほっこり主婦日記。
couture, crochet, point de croix, manga insolite
sewing, crochet, cross stitch, weird manga,rock
はじめに

ブログランキング

QRコード

QRコード

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。