■スポンサーサイト■

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■Vintage Organs + Korg NanoKontroler■

本当は
1.本物のハモンドオルガンetcを買う。
2.せめてハードのオルガンモジュールを買う
…のがいいのだろうなあとは思うけど、貧乏+家が狭い+体力なくて重いモノの三重苦なので、演奏用にまともに使うには演奏用の普通のサイズのものが良いとはわかっていてもつい「小さい・軽量・安価」に惹かれてDTM用のものに手を出してしまう。

そんなわけで、Korg Nanoシリーズ、とくにNanoKontrolに心惹かれているわけなのだけど、
Native Instruments社のソフトウェアオルガン音源Vintage Organsのドローバーとして使えないか、と思った。
でもソフトウェア音源をいじったりするのは初めてなので、ソフトのどういうところを見てチェックすればいいのか皆目検討がつかない。
というわけでNI社に質問したら親切なお返事が来ました。まだnanoKontrol買ってないので試してないのですが同じことを考えた人がいた時のためにシェアです。

>お問い合わせいただきましたVintage OrgansのドローバーをKorg nano kontrolで操作する場合、
MIDI Automationを割り当てる事で可能です。

1.
Kontakt 4画面左上のメニューより、Autoタブを表示します。

2.
サブメニューよりMIDI Automationを表示します。

3.
nano kontrolから信号を送信すると、対応しているMIDI CCの項目が赤い稲妻マークを表示するので、
そのCCナンバーの項目をMulti Rack内の操作をご希望の項目の上にドラッグ&ドロップする事で登録さ
れます。

例:
nano kontrolのSCENE 1の1番のフェーダーはMIDI CC2を出力しますので、『MIDICC』という名称その
ものをドラッグして、Multi RackにロードしたVintage Organsのドローバー16'の上に来るとアイコン
が緑の『+』に変化します。

そこでドロップするとMIDI AutomationのCC2が『16'Lower -(ロードされているインストゥルメント
名)』と変化するのが確認出来るかと思います。

この手順を繰り返し、各操作項目を設定します。
操作方法の詳細についてはKontakt 4 Reference Manual Japanese.pdfの113ページをご参照くださ
い。

なお、MIDI Automationで行なった設定は、各インストゥルメントに情報が保存されます。
Filesメニューよりsave as等で保存を行なうようにしてください。



あとはNanoKontrolを入手するのみだけどもうちょっと値段が下がらないか待ってみよう…。


関連リンク:M-Audio UC33eにVintage Organsのドローバーを割り当てたblogger323さんのブログ http://blogger323.blog83.fc2.com/blog-entry-423.html

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

プロフィール

後ろ向きな人

Author:後ろ向きな人
手芸と育児のほっこり主婦日記。
couture, crochet, point de croix, manga insolite
sewing, crochet, cross stitch, weird manga,rock
はじめに

ブログランキング

QRコード

QRコード

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。