■スポンサーサイト■

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■Liberty "mirabelle"ワンピース/デ・キリコ展/リトグラフ工房■

ワンピース

生地はリバティの「ミラベル」ツイル地、ボタンはベルギーのアンティークボタン。
Tissu/fabric: Liberty of London "Mirabelle" (twill)
patron/pattern: Intemporels pour enfants : Modèles et patrons de 2 à 8 ans

フランスは布がクソ高いので、フランスで色落ちしまくり縮みまくりの品質の悪い生地を、布を計って切る係の偉そうなおばさんのアテンションをゲットするのに必死になって買うよりも、イギリスのアウトレットで買うリバティのほうがまだ安い。それでいつも私が使うのはリバティなんです。リバティで服つくると、子供服以外はほぼ必ずといっていいほどオバ臭くなるので、本当は無地の布で作ってみたいです。でもフランスではそこそこの価格・リーズナブルな価格で良いものというのは手に入りません。ああ貧乏人の味方ユザワヤに行きたい。



ところで

パリにいったら、名古屋のコレクター&クラシックカーディーラーのOさん(Oさんお名前出していいですか?)が、新しい本の取材のためたまたまパリにいらしていたので、子を連れて一緒にグラン・パレの「二重イメージ」展をみました。出てきた途端、大月さんからOさんの携帯に「今リトグラフ刷ってるけど見に来るー?」と電話があり、4区のリトグラフ工房へ直行しました。以前も一度来たことのあるリトグラフ工房でした。

子には隅の椅子に座ってビスケットを囓っていてもらい、大きなプレス機で大月さんの作品が刷り上がっていくところを見学。

古い立派な機械で二人がかりで刷っています。
良いものを見学させていただきました。

そういえば、

パリ市近代美術館のデ・キリコ展、意外に良かっです。
60年代の不思議な水浴(Bains mysterieux)シリーズは初めてみたのですが、水のかわりにプールにたまっていたり流れていたりするあの茶色のものはドロなんでしょうかウン●なんでしょうか?

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)
できりこ。きりこ。って京都で20年ぐらい前にやってたときにみたことあります。放蕩息子の帰還っていうすごいネーミングの訳のわからないロシアっぽい絵だったのを覚えてる。もしかしてあの人?
放蕩息子の帰還…なんかそんな絵もあった気もする。なぜなら、キリコは、お父さんとお母さんの肖像がむっちゃ怖くて、これは絶対、親に対してなんかあるよなーという感じだし。
(しかしロシアぽいかな?)
デ・キリコでがぞうググればいっぱい出てき鱒。


プロフィール

後ろ向きな人

Author:後ろ向きな人
手芸と育児のほっこり主婦日記。
couture, crochet, point de croix, manga insolite
sewing, crochet, cross stitch, weird manga,rock
はじめに

ブログランキング

QRコード

QRコード

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。