■スポンサーサイト■

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■クロシェレースのドイリー ■

080430-19.jpg
クロシェレースで「畜生!畜生!畜生!死ね!死ね!死んでやる!」と怒りとストレスを編み込んだドイリー

写真はクリックで拡大できます。


半年以上にも渡り、購入を迷いながら買い物籠に入れたり出したりしていた山野一『四丁目の夕日』をついに注文してしまいました。検索で感想を読みまくったのでストーリーは既に全部わかっています。
これは「貧乏人のささやかな幸せ」を非常に冷酷に描いた漫画です。

赤貧洗うがごとしの私が読んだら、相当落ち込むことは間違いありません。
また、子どもの情操教育にも本当に悪そうです。(7~8歳になれば、どこに隠しておいたって必ずや子どもは見つけ出して読んでしまうでしょう。)

こういう漫画を家におかなくてすむように本来はネット購読したかったのですが、いつまでたっても電子化されないようですので我慢仕切れずに買ってしまいました。

早く届いてほしくないので船便で頼みました。クラブジャパン(www.clubjapan.jp)は船便も選べるので便利です。
『ちびくろさんぼ 3』も同時購入したのですが、よく考えてみると、ちびくろさんぼのほうははやく届いたほうが嬉しいので別途SAL便で頼めばよかった。

私は、白昼夢の中においては有閑マダムであり高等遊民なのですが、実は、その日その日口に糊し、娘に玩具だの服だの本だの買ってやり、自分と娘の健康保険を払うために、労働しています。その関係で下勉強の必要にせまられ、ディドロのJacques le fatalisteを文庫で買いました。

これも私は美しい布装丁版(しかも表紙の絵はプリントではなくゴブラン織りだったと思う)を持っていたのですが、これも処分されてしまった書籍の中に入っています。思いだしてまた悲しくなりました。

開いてみたら、思っていた以上にフランス語が難しくびびっています。
本来、邦訳も買うべきなのでしょうが、これが高い。私には無理そうです。それにそんなお金があったら、たまには馬鈴薯と人参以外のものを子どもに食べさせるべきではないでしょうか。ということでまた激しく迷っています。




COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

プロフィール

後ろ向きな人

Author:後ろ向きな人
手芸と育児のほっこり主婦日記。
couture, crochet, point de croix, manga insolite
sewing, crochet, cross stitch, weird manga,rock
はじめに

ブログランキング

QRコード

QRコード

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。