■スポンサーサイト■

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■クロシェレースのコースター■

080430-03.jpg 糸はDMC cordonnet special。これをぎちぎちに引き締めて、鉤針を引き抜くたびにパッツンパッツンいわせながら編むのが気持ちいいです。



大月画伯から個展の案内が届きました。「サインとかなにかオマケを!」と要求したら、なにやら「?」のついた球体が散歩させられている素敵なデッサンをつけてくれました。
パリのVallois画廊という有名画廊で5月末まで開催中ですので、行けるひとは私のかわりにいってみてきてください。

私は、カタログ用写真撮影の時に野次馬にいって一通り作品は見せて貰ったのですが、やっぱり展示されてるのがみたかった。
「パリまでの交通費がなくて行けない」と泣いたら、貧乏臭いのは嫌いだけど一応貧乏人に理解のある(らしい)大月さんは、私のお気に入りの作品の写真を送ってくれました。これです。タイトルは火山の名前だったけどまた忘れてしまった。
黒でよくみえにくいかもしれませんが、ガラスに石膏像の首がくっついてます。
wV-suve-ok.jpg
(copyright Otsuki Yujiro)


最近ダウンロード購入で盲めっぽうに漫画を読んでいます。
実は、1ヶ月半ほど前に山岸凉子『汐の声』『わたしの人形は良い人形』を読んでしまいました。そのあとのしつこい怖さを払拭するために、必死で他の漫画を読んでいるわけです。

前回ちょっとここに書いた坂辺周一『レイプ』『ティッシュ』の全く異質の恐怖により、『汐の声』の怖さはなんとか薄れてきたので、今度はまた別のものを読んでみました。

『昭和の中坊』。これはなかなか面白かったです。こんな感じです。
昭和の中坊s


私よりちょっとお兄さんな世代が描かれていますが、私の時も子どもの頃はインターネットなんてなかったし、コンピューターといったら、テレビのモニタつかってカセットテープにデータ録音して、画面に丸を一個描くのにいちいちプログラムかかなくちゃいけなかったのを覚えてます。
そんなありさまでしたから、興味を持ったものについて情報を得るのが大変でした。

もちろん中でも一番大変だったのは、性に関する情報です。

しかも私は片田舎だったため、書店ですら一人では自由に行けません。
学校の帰り、駅前の書店がありましたが、私はお小遣いをもらっていなかったため、親が同伴でないときは、その書店でつけで買うことしかできませんでした。書店にない本については、つけで注文したものをあとで本屋さんがうちに届けにくるわけです。

夏休み前の最後の日の学校帰り、中学生だった私は清水の舞台から飛び降りる気分で、その書店に「親に頼まれた」と嘘をついて富士見ロマン文庫のアポリネール『一万一千本の鞭』を注文しました。

いつ本屋さんがうちに届けにくるかわからない。そのときに、母が出て本の中身を見られたらまずい。夏休み中なら自分が毎日家にいるから、本屋さんが門を入る前に出て行って受け取ればいい、と思ったわけです。

そして、私は毎日、毎日、門の前をうろうろして母に怪しまれました。

ある日、ついに本屋さんのバイクの来て、やはり庭でうろうろしていた私が飛び出し、本は無事に受け取ることができましたが、その後、大学入学にともない、家を出る時に、「引っ越し中に見つかったら困る」と思って、庭でこっそり焼きました。今から思うと残念なことをしたと思います。

それにしても母が本屋にお金を払うときに、その月にうちから注文した書籍のリストを見てどうして気がつかなかったのかな、と今になると思います。うちの母の場合分かっていて黙っているということはまずないですから。

それとも

「“ロマン”と“鞭」”けで普通誰でもすぐにポルノってわかるよね」

と思う今の私のほうが頭がおかしいのでしょうか。

漫画の話に戻りますが、『昭和の中坊』がなによりも面白かったのは、きちんと時代考証がなされているところです。当時の番組で、同時間帯に放映されていたものがなにか、次回はなんだったか、など、しっかり調べてあり、それがストーリーを転がしているエピソードもあります。

ついでに「ハーレクインコミックシリーズ」も安かったからという非常に主婦的な理由で月間購読してみました。これはぬるい。ぬるすぎる。描かされている漫画家も描きながら自分でたいくつしてそうなのが伝わってくる内容でした。

「お金がないからといってバルザックは購入を迷っているのに、なぜ漫画はこんなにダウンロード購入してるのか?」という突っ込みは禁止です。家が狭いので、ダウンロード購入ならモノが増えなくてよいのです。また、貧乏暇無し、時は金なり、というではありませんか。何か他のことをしながら合間合間にあっという間に読める漫画のほうが小説より罪悪感が薄いのです。

それに、買うと、私と同じでプーのくせに本ばかり溜め込むうちのおっさんと書棚の空きをめぐって卑劣かつ下賤な喧嘩が始まるのにはもうホトホト疲れているので、ダウンロード購入は便利なのです。



スポンサーサイト

■クロシェレースのドイリー ■

080430-19.jpg
クロシェレースで「畜生!畜生!畜生!死ね!死ね!死んでやる!」と怒りとストレスを編み込んだドイリー

写真はクリックで拡大できます。


半年以上にも渡り、購入を迷いながら買い物籠に入れたり出したりしていた山野一『四丁目の夕日』をついに注文してしまいました。検索で感想を読みまくったのでストーリーは既に全部わかっています。
これは「貧乏人のささやかな幸せ」を非常に冷酷に描いた漫画です。

赤貧洗うがごとしの私が読んだら、相当落ち込むことは間違いありません。
また、子どもの情操教育にも本当に悪そうです。(7~8歳になれば、どこに隠しておいたって必ずや子どもは見つけ出して読んでしまうでしょう。)

こういう漫画を家におかなくてすむように本来はネット購読したかったのですが、いつまでたっても電子化されないようですので我慢仕切れずに買ってしまいました。

早く届いてほしくないので船便で頼みました。クラブジャパン(www.clubjapan.jp)は船便も選べるので便利です。
『ちびくろさんぼ 3』も同時購入したのですが、よく考えてみると、ちびくろさんぼのほうははやく届いたほうが嬉しいので別途SAL便で頼めばよかった。

私は、白昼夢の中においては有閑マダムであり高等遊民なのですが、実は、その日その日口に糊し、娘に玩具だの服だの本だの買ってやり、自分と娘の健康保険を払うために、労働しています。その関係で下勉強の必要にせまられ、ディドロのJacques le fatalisteを文庫で買いました。

これも私は美しい布装丁版(しかも表紙の絵はプリントではなくゴブラン織りだったと思う)を持っていたのですが、これも処分されてしまった書籍の中に入っています。思いだしてまた悲しくなりました。

開いてみたら、思っていた以上にフランス語が難しくびびっています。
本来、邦訳も買うべきなのでしょうが、これが高い。私には無理そうです。それにそんなお金があったら、たまには馬鈴薯と人参以外のものを子どもに食べさせるべきではないでしょうか。ということでまた激しく迷っています。




■レース編みのサシェ■

クロシェレースで、中身はラベンダーです。
レースのサシェの写真



糊口をしのぐため、フランス語を教えることにしました。

ところで、値段を提示し交渉するのは、高等遊民であろうとする私の見栄に反するのです。
それが大変辛くいつも思わず「無料でいい」と言ってしまいそうになる。
実際そう言ってしまったことも何度もあります。

が、今回、

「これは娘を養うためである。私は他のひとの前でお金などとらない有閑で品の良い奥様を演じたい欲望に負けている場合ではない。まず自分の娘をきちんと養うことができなくてはならないのである」

と自分に言い聞かせ、それはなんとか乗りきることができました。

幸い、フランス語を教える相手の方がお茶の名取りなので、フランス語レッスンの一部はお茶のレッスンと交換していただくことにしました。

今まで、お茶を習っているなどという人と会うたびに、「お茶などの優雅な習い事はこのまま一生私には縁がないだろう。寂しいことである。」と思っていたのですが、おかげでお茶を習うことができるようになりました。

プロフィール

後ろ向きな人

Author:後ろ向きな人
手芸と育児のほっこり主婦日記。
couture, crochet, point de croix, manga insolite
sewing, crochet, cross stitch, weird manga,rock
はじめに

ブログランキング

QRコード

QRコード

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。